くすのき農園

アクセスカウンタ

zoom RSS 夢を一つ・・またひとつ・・・5月15日

<<   作成日時 : 2011/05/15 02:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

以前は、よく書いていたこのブログのページ・・・

きょう、娘の友達から『おばちゃん、ブログ読んだよ・・・』って、声かけられ、
いつのブログ?
そういえば書いてないなあ・・・と、恥ずかしく思いながらも気持ち新たにパソコンに向かうことに・・・


一昨日から、ちょっとハマってることが・・・・

画像



くすのき農園を始めようとしたとき(6年くらい前?)
ちょっとおしゃれに作ってみたくて、国立明石高専の工藤先生のもとへ農園の設計を依頼した・・・
とにかく、その時は予算関係なく頭に思い描いている限りの夢や思いを話して、
出来るところからやってみようと、2008年春に開園、
4度目の春を迎えた。

エコや農薬を使わないことは、工藤先生とも一致、
花を植えることや周りに果樹をうえること・・・・
花壇も少しづつ広げ、今年の春には約1000本ほどのチューリップが 岩岡センターガーデン、ノースガーデン、サウスガーデンに花開いた・・・(実際には、まだまだ・・・さみしいけれど・・・!)
果樹は、イチジク、ジューンベリー、レモン、桜餅の葉っぱの八重桜・・・なつめ、キーウィなどが 各菜園を静かに見守っている。
また、2年目のサウスガーデンの果樹約60本もすこしづつ花をつけ始め、収穫の秋を期待させる。
もう少ししたら、鳥や虫たちとの競争が始まる・・・・

当時、他の場所ですでに始めていた娘の英会話教室と私の書道教室のカルチャーも、ここでもできたらいいな・・・との思ったりしていた。
娘が通う陶芸の先生にもカルチャーの講師を依頼・・・カルチャーのスタートは、不定期の陶芸教室の方が早かった。
今、その陶芸教室も毎月一回の定期コースとなり、さをり織りやマクロビオテックなど、カルチャーメンバー様もおかげさまで、100名を超えている。最近始まったシルバー細工アクセサリーも大好評!

今年の春には、くすのきの農園押部谷ガーデンと魚住茨木酒造ガーデンが、新しくオープン!
今日、押部谷ガーデンの菜園教室のお手伝いにいったのだけれど、
向こうでも、
『こんなに自分で育てた野菜がおいしいと思わなかった・・・』など、メンバー様のうれしいお声がきけた・・・
何より、私にはうれしい・・・・
くすのき農園同志のパワーも徐々につけて、他のガーデンの方々と新たな方向性を模索してゆきたい。

そんな夢多き私が、当時から思い描いていた夢のひとつが、
ミニログハウス付家庭菜園・・・
海外では、常識的に見かけるスタイルだ。
(宿泊までできなくてもよいと思うが、希望により、ちょっとお弁当を広げる場所くらい確保していただきたいもの・・・)

くすのき農園の開園前、神戸市の方への交渉の中で、
『暑い日や寒い日、農作業の合間に休憩したいのは当然でしょう・・・、どうしてそんな休憩所の許可が取れないんですか?』と、何度も職員の方々に迫った・・・
『農地ですから・・・台風でも来たら、周りに迷惑をかけますから・・・』と、答えにならない答えに、納得いかなかった。
市や県は、さほど必要もないところに何億円ものお金をかけて工事をし、その手数料?として何%か知らないけれど、当然の金額を工事業者から・・・
けれど、遊休地や放棄地が、こんな都市近郊にもどんどん広がっているというのに、農地を維持するために、何十人もの方が、自給自足?をがんばっていらっしゃるのに・・・法律も変えられないし、特例も出せない・・・
『伊藤さん、聞かないでください・・・』。。。
親切な職員さんが、食い下がる私に告げた最後の言葉だった。
そうか、聞いたら答えなきゃいけない・・・答えには特例なんかない・・・

開園準備から、今年で7年目に突入・・・
まだまだ日々の雑草処理に追われながらも、
農園内のあちこちで夢がひとつ、またひとつとかなえられてゆくことがうれしい・・・

そんなこんなで
画像

お箸を積み重ねたミニログハウスの模型も・・・すこしづつその姿を変えて・・・
画像

色を付け・・・ひのきの丸太からいすやテーブルを作り、周りの菜園などにも色塗りを・・・・

小さなかわいいシルバニアファミリーならぬ『くすのき仲良しガーデン』が・・・
たまたま、孫のおいてったシルバニアファミリーの人形を置いたのは大きさ感がわかるかしら?と・・・

   割箸をはさみで切りそろえるうちに、今、右手と左の肩が張っています・・・!
   悔しいけれど、歳です!

今で作業の合間に作り初めて2日間・・・
隙間だらけだけれど、愛着湧く作品となりそう。
ログハウスの外回りに ガーデニンググッズや遊具を作ってみようと思っている。

   実際に近いうちに、これがくすのき農園内出来たらいいなと夢見て・・・・

よくばりで夢見る少女ではなく・・・夢見る熟女でもなく・・・
残念ながら夢見る老女はちょっとまだ抵抗あって・・・・・う〜〜〜n!

とにかく、
孫たちや子どもたちが喜んでくれる姿もちょっと思い描きながら、結構はまりながら作っている。

題して
家庭菜園やフルーツガーデンのそばに建つ『語らい棟』としていきましょう。

追伸
なるべく使った割りばしをと思ったけれど、我が家には今使った割りばしがあまりなく(割りばしを使わないようにしているため)、結構たくさんの新しい割りばしを使ってしまいました。すみません・・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
夢を一つ・・またひとつ・・・5月15日 くすのき農園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる